12月に入り、寒くなってきました。年末年始にかけて忙しい方もいるのではないでしょうか?
普段、皆さんはどのような方法で身体を休めていますか? 読書をしたり睡眠を多くとったり、入浴したり、それぞれの方法があると思います。Photo of pleased satisfied cheerful joyful girl in spectacles enjoying aroma of freshly brewed coffee on the background of script java monitors

今回は、普段、行っているリラックス方法と併せて行う事で、より効果的な方法を2つ紹介します。

1つ目の方法は、リラックス方法が「寝る」「ウォ―キングする」などの方で、ちょっと気持ちがもやもやしてたり、気になる事がある場合におすすめです。

①紙に思った事を書き出す

リラックス方法なのかな?、と不思議に思ったかもしれません。

しかし、考え事や悩み事がある時に、そのまま寝てしまうと、夢に出てきたり、睡眠の質の悪化の原因になります。

また、そのままウォーキングに行った場合は、その事が気になって、思うようなリラックス効果が得られない可能性もあります。

その為、まずは、もやもやしている気持ちを紙に書き出す事によって、自分の気持ちに気が付いたり、考えが整理されるので、後に行うリラックス方法が効果的になります。

この方法は丁寧に書く必要はなく、紙と筆記用具があればできるので簡単です。

Woman hand is writing on a notebook with a pen in office.

②芳香浴をする

よい香りや自分の香りを嗅ぐ事は、気持ちを落ち着かせ、穏やかにし、ストレスを緩和します。

アロマポットやデュフューザーが無くても、コットンやティッシュに精油を1~2滴付けて、近くに置くだけでも楽しめます。

Herbal essence. Alternative healthy medicine. Skin care. Essential oil or water dropping from fresh leaf to the bottle.

一例として、精油と重曹を用いた入浴剤の作り方を紹介します。

好みの香りで普段の入浴を楽しんでみてください。

※精油は使用前に希釈してパッチテストするのをおすすめします。また、精油の種類によっては、皮膚刺激(ペパーミント、ジャスミンなど)や光毒性(レモン、グレープフルーツなど)があるので、注意してください。

精油:1~5滴

重曹 大さじ2

1、容器に重曹と精油を入れてガラス棒でよく混ぜ合わせる。

2、お湯を張ったバスタブに上記を入れ、混ぜて溶かす。

普段の読書や音楽を聴きながら、ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。