大寒も過ぎ、これから春の暖かさを感じることができるかと思いきや

一気に冬の寒さになってしまいましたね。

体調を崩さないように、うがい・手洗いを徹底している🍎木場りんご薬局🍎です。

今回は連日のように新聞・ニュースで報道されております 中国湖北省の武漢市で昨年末に原因不明の肺炎患者の発見以降、日本でも感染が拡大している新型コロナウィルスについて現段階で分かっていることをおさらいします。

・そもそもコロナウィルスとは?

現在のところヒトに日常的に感染するコロナウイルスは4種類あります。

風邪の10~15%(流行期では35%)はこれら4種のコロナウイルスを原因となります。

冬季に流行のピークが見られ、ほとんどの子供は6歳までに感染を経験しております。

多くの感染者は軽症ですが、高熱を引き起こすこともあります。

また日常的に存在する2種類のコロナウィルスは1960年代に発見されており、2000年代に入って新たに2種類のコロナウィルスが発見されております。

 

記憶に新しい、SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)もコロナウィルスに分類されます。

SARSやMERSは一般的な4種類のコロナウィルスとは別のものと区別されており、日本においては2類感染症という国の定める指定感染症の分類にはいっています。

そして新型コロナウィルスも2月1日に2類感染症に含まれました。

 

・コロナウィルスの症状は?

日常的に存在する一般的なコロナウィルスの症状は鼻・のど・咳の症状でほとんどの場合が軽症です。

またウィルス感染症によって体が抵抗を示すので熱も出てきますが、インフルエンザウィルスと異なり一般的なコロナウィルスは爆発的に増えるものではないため高熱は出にくいとされています。

ほかに、下痢・軟便など消化器症状が現れることがあります。

 

SARSやMERS、新型コロナウィルスの症状には高熱・肺炎の症状があり重症例では呼吸困難があり死者が出ていることが従来のコロナウィルスと異なります。

また、潜伏期間(感染してから症状が現れるまでの期間)が従来のコロナウィルスでは2~4日ほどであるのに対して、SARS・MERS・新型コロナウィルスは2~10日以上あるといわれております。

そのため、感染していても気付かずに人と接触して感染を広めてしまうことが懸念されています。

 

 

 

・できる対策とは?

厚生労働省や国立感染症研究所では一般的な衛生対策として、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、咳エチケットや手洗い・うがい、アルコール消毒など行うことといわれております。

現段階で感染が咳やくしゃみなどの“しぶき”を吸い込む「飛沫感染」もしくはウィルスが付いた手で鼻・口・目を触ることでそのウィルスが体内に入る「接触感染」によるものと考えられています。

今のところウィルスが空気中を漂って感染する「空気感染」は可能性が低いといわれています。

また、SARSやMERSの時には高齢者や、心臓病、糖尿病等の基礎疾患(持病)を前もって患っていた人が重症化する傾向にあったため、該当する方は手洗い・うがいを徹底することが好ましいと考えられます。

 

特に手洗いは新型コロナウィルス感染以外に身近なインフルエンザやノロウイルスなど様々な感染症対策として大切です。

国立医薬品食品衛生研究所の調査した結果には15秒間流水で手洗いした場合、手洗いしなかった場合のウィルス残存率が1%まで減らせることができているとのデータもあります。

したがって、手洗いは毎日の生活の中での感染症予防対策には欠かせないものと言えます。

 

手洗いについて

拡大画像はこちらから

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/dl/poster25b.pdf

 

 

マスクの着用について

咳が出ている方は感染を広げない目的、くしゃみで飛散する飛沫が遠くへ飛ばないようするためにもマスクを着用しましょう。

一般的なマスクは小さなウィルス自体の侵入は防ぐことが難しいですがウィルスを含んだ“しぶき”を防ぐ効果は期待できます。

マスクの外側には“しぶき”が付着している可能性があるのでむやみに触れないように注意してマスクを外すときには外側を折りたたんで触れないように捨てることが好ましいです。

 

 

 

感染症の疑いがある場合は?

現段階では、国立感染症研究所が自治体や医療関係者に向けた資料には武漢への渡航歴があるか感染者との接触があるかが条件とされております。

万一該当することがあれば、指定された医療機関での治療となりますが、急に指定医療機関に駆け込むことによる感染拡大を防ぐためにもまずはお住いの地区の保健所や自治体に相談することが好ましいです。

 

厚生労働省コールセンター

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09347.html

 

愛知県保健医療局健康医務部健康対策課 感染症グループ

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenkotaisaku/pressrelease-ncov200131.html

 

 

該当しない場合は流行性の風邪やインフルエンザなどを疑うことが一般的ですが、同じく感染拡大を防ぐためにも医療機関に受診する前に電話連絡をしておくことが好ましいと考えられます。

 

終わりに

現在、メディアを騒がせていて不安を抱える方が多いと思いますが、今できる感染症対策を継続しておくことが大切であると思います。

新型コロナウィルスに限らず、感染症対策の基本として十分な睡眠・食事を摂って免疫力を維持することを心がけていきましょう。

 

 

薬局事業   https://pharma-star.jp/

介護事業もやっています https://pharma-star-kaigo.jp/

インスタグラムも始めました https://www.instagram.com/pharmastar.jp/