南大高薬局です(・ω・)/

今年もよろしくお願いします‼‼‼

さて、コウノメソッドでよく使われている薬の連載の3回目はドパコールです( *´艸`)

(コウノメソッドについてはこちらを参照)

ドパコールは「レボドパ」と「カルビドパ」を配合した薬です。

レボドパは脳内に取り込まれてドパミンとして働き、カルビドパは、レボドパの脳内への移行を高め、この配合によりドパミンの不足による手のふるえ、体のこわばり、日常生活動作などを改善し、パーキンソン病、パーキンソン症候群の治療に用いられます。

認知症の種類によってはパーキンソンの症状が出る患者さんがいます。手足のこわばりやふるえや動作が遅くなった時に飲むと動きが良くなったと喜ぶ患者さんがいます。

薬は患者さんに合う合わないがあるので気になる方は相談して下さい(・∀・)

 

 

 

 

 

 

薬局事業   https://pharma-star.jp/

介護事業もやっています http://pharma-star-kaigo.jp/

インスタグラムも始めました https://www.instagram.com/pharmast