こんにちは(^^♪

南大高薬局です。

まだまだコロナが油断できない状況のなか、感染拡大を防止するために「新しい生活様式」がスタンダードになりつつありますね。

 

新しい生活様式とは、

・マスク着用

・手洗い

・ソーシャルディスタンス

そんな中、6月に入り梅雨入りしている地域も増えてきました。

じめじめと気温の高い日が続き、気温が高くなってきている今、問題視されているのが「マスク熱中症」です。

マスクをしていると熱中症を引き起こす可能性がより高くなると言われています。

マスクで顔を覆うと体内に暖かい空気しか入ってこず、体を冷やすことができなくなり、

その結果、体温が上昇し熱中症になるのではと考えられています。

また、マスクをしていることで喉が保湿されるので「喉の渇き」を感じにくくなってしまい、

水分補給を忘れ熱中症にかかっていることに気づくのが遅れる可能性もあると言われています。

厚生労働省も、マスクをしていることにより例年よりもいっそう熱中症に注意が必要と発表しています。
これから来る夏にマスク熱中症にならないための「予防行動」のポイントとは、、、

 

☆適度にマスクを外す

・気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意

・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす

・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、 適宜マスクをはずして休憩を

 

☆こまめな水分補給

・のどが渇く前に水分補給

・1日あたり1.2リットルを目安

・大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに

☆暑さに備えた体力作り

・暑くなり始めの時期から適度に運動

・水分補給は忘れずに、無理のない範囲

・「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度

 

☆暑さを避ける

・エアコンを利用するなど、部屋の温度を調整

・感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整

・暑い日や時間帯は無理をしない

・涼しい服装にする

・急に暑くなった日などは特に注意する

 

熱中症の症状にもさまざまあります。少しでもいつもと違うと思ったら、

無理はせず安静にしましょう。

 

引用:https://www.bigsize.co.jp/blog/?p=22178