こんにちは

おひさま薬局 サンシャイン栄店です。

乾燥している冬…

イタッ!と紙で手を切ってしまうことがありませんか?

私は、処方箋や書類に毎日触れていて、気づいたら指が切れていることがしょっちゅうで、

痛い思いをしています(涙)

怪我をすると痛いのは当たり前ですが、紙で切ると、ほんのわずかな傷でもかなり痛みますよね!

 

『 紙で指を切ってしまうと、とても痛いのはなぜ? 』

紙はとても細い ”繊維” が絡み合ってできています。

紙の断面はその繊維が切断されたところですので、ノコギリのようにギザギザとしています。

そんなところに、素肌の上を引こうものなら切れて当然ですし、ノコギリのようなギザギザで切ると

何度も傷付けられる為、非常に痛むのだそうです!

さらに、指は身体の他部分より敏感に感じるようになっていて、

常に使い続けることから、傷が塞がり辛いです。

傷が治りにくく、痛みが長引いてしまうのも、とても痛く感じる原因なのですね。

 

『 指先を守る効果的な対策は? 』

ハンドクリームを日頃から塗っておくことで、かなり防ぐことができます。

ハンドクリームに含まれている油分が肌に浸透して、紙が皮膚に引っかかりづらくしてくれるのだそうです。

とはいえ、まったく切れないというわけではないですよね。

そんな時、” 指サック ” を使うと指先が守れますよ!

また、紙自体が乾燥しすぎていなければ、予防することができるそうで、

” 加湿器 ”をつけておくという方法も効果的なのだそうです。

暖房のせいで、空気が乾燥してしまいがちですが、それと伴って紙も乾燥してしまっていたのですね!

寒い冬は、人と一緒に紙にも潤いを与えて、指先も守りましょう。

薬局事業   https://pharma-star.jp/

介護事業もやっています https://pharma-star-kaigo.jp/

インスタグラムも始めました https://www.instagram.com/pharmastar.jp/