新年度を迎え、新に入園・入学された方々おめでとうございます!

新型コロナの影響で不安なことも多いですが

気持ち新たに、さまざまなことにチャレンジしていこうと思っている木場りんご薬局です。

今回取り上げるのは「ツボ」

休校や外出の規制などで、乱れがちになるのが「自律神経」

自律神経とは内臓や血管などの働きをコントロールし、体内の環境を一定に保つ働きをする神経をいいます。

自律神経には交感神経(起きているとき、緊張しているときに優位な神経)と副交感神経(寝ているとき、リラックスしているときに優位な神経)があります。

腕など自分の意志で動かせるものは運動神経と異なり、食後に胃が働いたり、意識せずとも呼吸したり、暑ければ汗が出たりするのが自律神経による働きです。

自律神経の関係を自動車で例えるなら、交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキでよく例えられ、お互いが相反する働きをしています。

今回のような新型コロナの影響で、耐えきれない大きなストレスが掛かったりすると、原因のわからない痛みやイライラしたり、様々な不調が出てきます。これは自律神経のバランスが崩れた状態です。

 

こういう時には十分な睡眠をとったり、適度に体を動かしたり、お風呂にゆっくり浸かったりして、副交感神経を働かせるようにするのもいいでしょう。

それにプラスしてツボ刺激をすることでより効果的に自律神経の働きを整えられます。

そのツボとは…「内関(ないかん)」と「外関(がいかん)」です。

内関と外関はそれぞれ反対側にあるツボです。

内関は不安や心配など、気持ちを落ち着かせるときに用いるツボです。

一方、外関は自律神経を整える働きがあり、二日酔いや乗り物酔いなどにも効果があります。

 

それぞれのツボを押してしばらく跡が残るくらいの強さで5秒間を3回押さえると同時に揉みほぐしてください。

乱れがちな自律神経を整えるサポートしてくれることでしょう。ぜひお試しを。

最後に・・・今年のGWの当店のお休みは

4/29(水)~5/7(木)

ただし5/2(土)と5/6(水)は通常通り営業いたします。

おくすりの受け取りを希望されている方は、営業日をご確認ください。

 

薬局事業   https://pharma-star.jp/

介護事業もやっています https://pharma-star-kaigo.jp/

インスタグラムも始めました https://www.instagram.com/pharmastar.jp/