知多薬局です。今回は骨粗しょう症治療薬のリカルボン錠50mg(ボノテオ錠50mg)についてお伝えしたいと思います。

まず骨粗しょう症とは、骨量が減少し骨密度が低くなってスカスカとなり、骨折しやすくなる疾患です。高齢者(特に女性)に多くみられます。

 

正常な骨は、骨を作る働き(骨形成)と骨を壊す働き(骨吸収)のバランスが取れています。しかしそのバランスが崩れ、骨を作る働き<骨を壊す働き となると骨粗しょう症を起こしやすくなります。

 

骨粗しょう症治療薬は崩れたバランスを正常に戻します。

  1. 骨を作る働きを助けるお薬
  2. 骨を壊す働きを抑えるお薬

に大きく分けられます。

 

リカルボン錠50mg(ボノテオ錠50mg)は2になります。服用方法が特殊なのでポイントをお伝えします。

 

・4週に1回1錠だけ飲む

・朝起きてすぐ、コップ1杯の水で噛んだり、口の中で溶かさずに飲む(口内や喉を刺激することがあるため)

・お薬を飲んだ後、30分間は水以外は飲食しない(お薬の効き目が悪くなるため)

・お薬を飲んだ後、30分間は横にならない(お薬がスムーズに胃にたどり着かないと食道などの粘膜に不快な症状が起こるため)

・もし飲み忘れたら翌日の起床時に飲む

・歯科治療をしている場合は服用できない場合がある(抜歯やインプラントをした場合に、あごの骨に異常がみられることがあるため)

 

カルシウムを十分に摂って、適度な運動や日光浴も行ってください!

薬局事業   https://pharma-star.jp/

介護事業もやっています http://pharma-star-kaigo.jp/

インスタグラムも始めました https://www.instagram.com/pharmastar.jp/