こんにちは

朝晩めっきり寒くなり、自宅ではヒーター・ストーブ・ホットカーペットの(一部屋ではありませんよ(笑))暖房生活を始めた
本社くるみ姉さんです。早いもので今年も余すところ2か月を切りましたね。

昨日、来年新春早々金山にオープン(開業)予定の『金山すみれ薬局』に行ってきました。

現在シートに覆われて中は見ることが出来ませんが建築業者の方々が頑張って仕事をして下さっています。

本当にありがとうございます。

※近隣住民の方々には騒音で本当にご迷惑をおかけしており、申し訳ない限りです・・・

 

 

こちら金山すみれ薬局は『三菱名古屋病院』様の外来入口のちょうど正面に位置し、三階建てのとても目立つ薬局になる予定です。現在そちらで働くオープニングスタッフ(薬剤師・事務員)は大府市共和の『めい調剤薬局』にて日々研修をしております。

各店舗いろんなカラーがありますが、金山すみれ薬局はどんなカラーに色づくのか、とても楽しみな所です♡

薬局の開業を決意して最初に決めておかないといけないのは、どんな薬局にするのかと言うことです。同じ地域で開業している他の薬局とどのように差別化するのか、何を強みにするのかと言うことです。

独立する薬剤師の方が理想とする薬局像を明確に描けているかがとても重要です。「こんな薬局にしたい!」と言う思いが強ければ、その思いに従って、立地の選定、店舗設計、スタッフの採用から教育の流れも一貫性を保つことが出来ます。

これに対して、目指す薬局像が明確で無く、ただ漠然と薬局を開業したいと思って行動を起こすと、重要な決定事項が行き当たりばったりで、全く一貫性の無いものになってしまいます。

ただ単に薬剤師から独立して、薬局を開業すれば、収入が増える程度の考えで薬局開業するのはとても危険です。自分が開業を目指す地域にどんな薬局が必要だと考えて開業を目指すことがとても重要です。

薬局の開業には大きな資金を投入するものなので、失敗は許されません。明確な目的や理念やビジョンが無いままに開業することが無いようにしましょう。

豊富な経験を生かしたフランチャイズで薬局開業支援します